COVID19対策のレポート

コロナウイルスのリスクと付き合いながらどう活動していくかが、通所介護事業所にとっては、長期化する大きな課題だと感じています。
具体的な対応策に自信を持ちきれないまま過ごしていましたが、感染症専門家チーム(感染症専門家の指導を受けた医師・看護師・ロジチーム)が先日、BLG!来所し、実地指導を行なってくださいました!

今回の研修での一番の収穫は、メンバーさんが濃厚接触者になったとしても支援する環境を整えることができるということ。
2週間も休業になると、この2週間の生活が困難になる方がどこの事業所にもいらっしゃると思います。

本当に極一部ですが、この極一部の方にどう支援を届け続けるかが、絶対に譲れない使命だと考えています。

本レポートは、実際の地域密着型通所介護事業所の運営に基づく対応策に対する医師・看護師のアドバイスが書かれている為、確認の意味でも、ご一読いただけましたら幸いです。

おかげさまで想定できていないことが沢山あったことが分かっただけでなく、見える化して整理することができました。
見える化することによって、新たな出てきた課題に奮闘する日々になりますが、気持ちはとても前向きです。
改めまして、今回の実地指導に関わってくださった沢山の方々に感謝申し上げます。

ちなみに、新型コロナウイルス感染疑い発生時の対応フロー(通所系)で、とても分かりやすかったものがこちら。

https://www.yurokyo.or.jp/pdf.php?menu=item&id=2719&n=3

(出典:令和 2年 4 月 10 日版作成:東京都新型コロナウイルス感染症対策医療介護福祉サービス等連携連絡会 (協力:全国老人保健施設協会))皆で乗り越えていきましょう〜!

よかったらシェアしてね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です